2017/05/24

test

test
2016/08/27

遠距離テレビ受信アンテナ設置(交換)

以前遠距離受信用にマスプロのスカイウォーリーっていう平面アンテナを試した結果の記事(http://pbhue.blog.fc2.com/blog-entry-94.html)をアップしたんですが、その結果、目的局は受信できるという事が判明したので、さらなる受信状況の安定化&平面アンテナでは復調できなかった局をアンテナを変えるとどこまで変わるのか試してみました。

ちなみに遠距離受信という言い方以外にも越境受信や長距離受信、区域外受信とかいろいろな呼ばれ方をするみたいですね。

で、以前設置した平面アンテナは26素子相当で利得は8.4~9.8dBのアンテナでした。
今回設置したアンテナはマスプロのLS-206TMHというアンテナになります。
そのアンテナにBU433D1という機種のUHFブースターを設置しました。

遠距離受信アンテナ設置206

受信環境としては平面アンテナと同じ屋根裏設置です。

結果。

遠距離受信(日テレ系列局):地元局と同じレベルで安定受信
遠距離受信(テレ朝系列局):地元局と同じレベルで安定受信
遠距離受信(TBS系列局):復調ラインを上下安定せず
遠距離受信(フジ系列局):復調ラインを上下安定せず
遠距離受信(NHK):レベルが低いものの比較的安定受信
遠距離受信(NHK-E):レベルが低いものの比較的安定受信

という事で、平面アンテナとは違いほぼ全局サーチ可能、2局以外はほぼ安定して視聴可能という結果になりました。

ちなみに復調ラインを上下する2局のみは別の送信所(方角的にはほぼ同じ距離も数百メートルの違い)から送信されているみたいなので、ハイトパターンなどの調整ができれば、全局安定するのかなという感じです。
しかしながら、今回設置した屋根裏では高さがどうしようもなく、これが限界かなと…。

ちなみに地元局なんですが、この遠距離用アンテナで問題なく安定受信できるレベルで受信できてます。(目的の送信所と地元局の送信所は角度にして130度ぐらい違うんですが。