2017/02/04

ダイソーの毛玉取り購入。

去年から欲しくて探してたんですが、時期が時期だったのか見当たらず、結構な月日が経ってたんですが、ようやく見つけました。
ダイソーの「くるくる毛玉取り」いろいろとネットを見てると価格の割に評判がいいんですよね…。
daiso_kedama.jpg

で、一応パッケージ裏面に記載されてる回転が悪くなった場合の説明を備忘録として。
・C(刃のついているパーツ)の裏側を潤滑油などを染み込ませた布で拭く。
・CをしっかりとDに設置し、Bを閉める。

以上。
2016/12/05

【NIKEiD】2つ目。配送途中経過はこんな感じ。【到着済】

NIKEiDの2つ目が配送されたみたいです。

■お客様のNIKEiDのご注文がまもなく製造完了です
まもなく完成します。
「最後の仕上げと配送準備を行っております。」


上記ステータス通知メールから2日。

■カスタマイズされたNIKEiD商品を配送しました。
お客様の商品は現在配送中です。
「まもなくお手元に届く予定です。お知り合いにあなたのオリジナルな1足を共有しましょう」

と発送メールが届きました。

現段階でのUPSの追跡結果は↓こんな感じ。
UPS貨物追跡情報1
「UPSシッピング・ラベルが作成されました。UPS施設に貨物が到着した後に、配達予定日を含む貨物追跡ステータスが更新されます。」とのこと!

一日たつと…?
UPS 貨物追跡情報2
中国のアモイから日本に向けて出発したようです。

ちなみに前回購入したNIKEiDはベトナムからの発送でした。
色々なところに工場があるんでしょうか。

ちなみに「配達の変更」という項目がありますが、それをクリックすると、「UPS取扱店で、荷物を受け取る」、「別住所に荷物を配送」、「別日に配達する」項目があるんですが、再配達時のオプションなのか、今の時点では、それらすべて選べないです…。
とりあえず一回は配達されないとダメなんでしょうか…?



配達予定日になりました。

中国から日本へ発送されたと思いきや、中国から香港経由して、台湾まで来ました。(笑)
本当に今日届くのか…???
UPS 貨物追跡情報3

それから…。
日が暮れました。
朝の時点で台湾だったものが、その後なぜか中国へ発送され、ようやく中国から今日の朝、成田に荷物が届いたようです。
まぁ香港と台湾経由した理由が謎です。物流ハブなんでしょうか?
で17:00時点でまだ届いてません。UPSの直接配達の場合は個人宅は19:00まで(※以降になる場合もあり)のようなのであと2時間のうちに届くんでしょうか…。
↓なぜか英語版になっちゃった…。
UPS Tracking Information4

それから…。
結果として到着予定日が再スケジュールされました。(笑)

ちなみに、ヤマトに転送された場合の追跡番号(伝票番号)は家に配達されるまでわかりません。※
要は、配達のために現地の代理店に転送されても(この場合はクロネコヤマトですね)UPSの追跡画面上に、クロネコヤマトのWebで追跡できる番号は表示されてません。
(※UPSに直接問い合わせれば教えてくれるかも。)


nikeid_ups_yamato.jpg

最後に。
なんか前回と違って送り主がNIKEじゃなかったです。


送り主はこちら。
FUJIAN XIE FENG FOOTWEAR.CO.,LTD.

ヤマトの不在伝票に聞いたことのない会社名が書かれてて一瞬なんだこれ?と思いましたが、ちゃんとNIKEiDで発注したものが送られてきました(笑)

UPS_ylbc.jpg
2016/12/03

NIKEiDオーダーから到着までの備忘録

初!NIKEiDでカスタマイズしてみました。

↑こんな感じで送られてきます。ちなみにUPSでホーチミンから送られてきますが、国内での配達はクロネコヤマトが担当みたいです。(都市部はUPSの直接配達地域もある?)※ちなみに23区内ですがヤマトで送られてきました。
nikeid_box4.jpg
↑箱を開けるとこんな感じ。NIKEiDのシンプルなBOXです。よくあるサイズのシールすら外装に貼られてません。

↓ちなみに今回はNIKEiDスタジオ(実店舗)でカスタマイズしたので、オリジナルのシールを作ってもらえました。
nike_id_lbl.jpg
タイトル部分(モデル名?)と、デザイナー名は好きな文字で作ってくれます。
↓ほかにも実店舗(NIKEiDスタジオ)で作ると、ミニチュアのケース+カスタマイズしたシューズのデザインのカードももらえます。
nikeid_card.jpg
あとはNIKEiDスタジオで作成した場合のメリットは生地サンプルとかもありますし、支払もその場で現金やカードで支払えるので近くに店舗があれば行って損はないかなと。




ちなみに配送までの流れはこんな感じです。
NIKE ID 注文から到着までの備忘録。

NIKEメール:注文当日(※金曜) NIKEiDの注文を承りました。工場に製造の手配を行います。(ステータス:処理中)
NIKEメール:注文翌日(※土曜) ご注文のNIKEiDの製造を開始しました。(ステータス:製造中)
NIKEメール:注文から13日目(※木曜) お客様のNIKEiDのご注文がまもなく製造完了です。(ステータス:配送準備中)
NIKEメール:注文から17日目(※月曜) カスタマイズされたNIKEiD商品を配送しました。(ステータス:配送中)
UPSステータス:注文から18日目 場所:ベトナム  02:00処理完了:UPSへの引き渡し準備ができました。
UPSステータス:注文から18日目 場所:ベトナム ホーチミン  16:00発地国センタースキャン
UPSステータス:注文から18日目 場所:ベトナム ホーチミン  23:55空港出発時刻
UPSステータス:注文から19日目 場所:成田  7:30空港到着時刻
UPSステータス:注文から19日目 場所:成田  11:10空港出発時刻
UPSステータス:注文から19日目 場所:東京  20:00配達のため現地の代理店に転送されています。配達は再スケジュールされました。
クロネコヤマト:注文から19日目 発送(UPSお客様サービスセンター)
クロネコヤマト:注文から19日目 作業店通過(羽田クロノゲートベース)
クロネコヤマト:注文から20日目 受取人不在のため持戻
UPSステータス:注文から20日目 場所:東京  受取人不在
クロネコヤマト:注文から21日目 配達完了
UPSステータス:注文から21日目 場所:東京  配達しました
NIKEメール:注文から21日目(※金曜) NIKEiDの商品が配送されました。

nike_ups.jpg
↓UPSのステータスにある現地の代理店=クロネコヤマトという事みたいですね。送り先が「宅急便ルート」商品名が「UPS」と意味不明です(笑)ちなみに関税等はかかりません。
nike_yamato.jpg
注文した段階での到着予想日は丁度一か月だったんですが、それよりも10日間早く到着しました!

なので2足目注文中です(笑)

ちなみに2足目超早く到着しそうです(笑)
1週間前に注文して3日前に製造開始、そして今日、配送準備中になってました。
来週の今頃には到着してそうです…。


2016/11/24

ミニマリストに敷布団なんていらない!(メモ)

というとこで、私、ミニマリストかどうかは置いておいて、普段、敷布団&掛け布団使ってません。
ってか敷布団&掛け布団持ってません。

じゃあいつもどうして寝てるのか?というと、

長座布団を敷布団代わりに使ってます。(夏はガチでそれだけ。寒くなってくると毛布とか真冬はさらに電気毛布とか。)

もう一年近く前に買った、長座布団なんですが、サイズがちょうどいいんですよね。
長さは185cm、幅は65cmと収納するのに便利なサイズ。

普通の敷布団とかって200cm×100cmとかですよね?
→ただでさえ狭い部屋なのに邪魔。(笑)

普通の布団を使わない理由はそれだけです。

なので私は↓の長座布団ですべて済ませてます。

ごろ寝座布団用座布団中身(長座布団)・ヌード座布団 65×185cm

価格:4,104円
(2016/11/24 05:27時点)
感想(102件)



※単純にこの記事を書いたのは、購入したサイトを忘れてて、この前たまたま思い出したので、メモ代わりにup(笑)

さすがに一年もたつと中綿がぺちゃんこになるので、もう一枚買ってニコイチにしようかと。
ってか最初からニコイチでもいいかもってレビューも。

ちなみに座布団カバーもいろいろ種類があっていい感じです。
2016/10/17

JACCSのショッピング分割払いメモ。

レッツノートRZ6の購入にあたって利用したJACCSのショッピング分割払いについて備忘録としてメモ書き。

いつもは、こういった高額商品であっても分割払いにする時は、JACCSとかの分割じゃなくて、通常のクレジットカード(三井住友VISAとか)の分割で2回とか3回払いとか(金利手数料がかかるのでなるべく回数は少な目に)にするんですが、今回、JACCSの分割を利用すると、パナソニックストアの方で金利手数料を12回払い(3.72%の手数料)まで負担という事で、せっかくだしという事で初JACCSの分割を利用してみました。

ちなみに今回買ったレッツノートは大体24万なので、これがクレジットカードの12回分割払いだと、手数料が14%程度かかるので、手数料だけで合計2万近く取られるんですが、通常のJACCS分割だと手数料が同じ12回でも合計5000円程度ですね。


で、購入の流れとしては、パナソニックストアでJACCS分割でポチる。

たしかJACCSのサイトに飛んで、分割回数を決める。(ボーナスの併用の有無とか、月額いくらの返済とかでも決めれます)

JACCSの審査に必要な項目を埋める。
・年収とか、勤務先とか、賃貸or持家とか、実家の連絡先(一人暮らしの場合)とか。(クレカの審査と同じような感じでした。)
あとは購入の確認?で電話がJACCSから来るんですが、その希望ですね。勤務先か、自宅(ケータイ)どちらがいいかとか、希望の日と時間帯。(土日でも大丈夫なようです。)時間帯も9~19時ぐらい?で1時間刻みぐらいで指定できます。

とりあえずこんな感じですべて終わったら、あとはJACCSからの電話待ちです。

で、JACCSから電話が来たら、購入内容を確認されて、本人確認のため、個人情報を伝えて終了。(たぶん時間的には2~3分です。)

その電話から大体1~2時間後ぐらいに、ジャックスから審査が通りました的なメールが届きました。
この審査通過メールと同時にパナソニックストアに対して商品発送などの手配が行くようです。

あとは商品が発送されるのを待つだけ。

ちなみに申込みから4日後ぐらいに、JACCSから申込み内容の封筒が届きました。
中身としては、買った商品と、月々の支払金額の案内みたいな感じです。

ちなみにこの記事を書いている時点では支払の口座振替の用紙とかはまだ来てません。

もしかしたら商品に同梱されてくるのかな?と思ってます。後日別に郵送されてきました。

ちなみにようやくレッツノートの発送メールがきました。
たぶん明日あたりに届きます!!!!\(^o^)/



2016/09/16

【購入検討メモ】SanDisk Connect Wireless Stick

ネットの海を彷徨っていたらたまたま良さそうなガジェットを見つけたのでメモ。

SanDisk Connect Wireless Stick


一見すると単なるUSBメモリかなと思いきや、ワイヤレスで、iPhoneにもつながるという一品。
ちょうどiPhone7が発売されたものの、容量が32GBの次が128GBとちょうどいい64GBがないので、買うなら128GBかなーと思っていましたが、この製品があればiPhone自体は32GBでもいいかなーと。

よくあるLightning端子で直付けはデザインがダサイ。と思っていたので、このワイヤレスで接続できる製品は買いかも!と。

メーカーもSanDiskだし、デザイン面も問題なさそう。
一応いろいろ調べていますが、iPhoneとの接続はWiFi経由みたい。
なので、この製品とiPhoneを1対1で接続中はiPhoneはLTE回線でしかネット不可かも。

ただAndoroidとかPCでもWiFi経由のウェブブラウザで中身を確認できそうなので、買ってみてもいいかも。

ただ電池の持ちが最長4.5時間?


2016/09/02

LINEの「LetterSealing」(鍵マーク)ブロックしても、表示されるか調べてみた。

この間から始まったLINEのLetterSealing機能?についてちょっと挙動を確認してみたので備忘録として。

※LINEの鍵マーク=ブロックではありません。
★この記事はLINEのLetterSealing(鍵マーク)は「相手からブロックされているのか?されていないのか?を確認する方法」として使えるのか?を確認したものです。



色々と試した結果、ブロックされてても、友達削除されてても、お互いのLetterSealingが有効なら鍵アイコンになるし、どちらかのLetterSealingが無効なら鍵アイコンはつかないという結果になりました。


一応どんなふうに確認したかというと、
端末Aと端末Bで別々のLINEアカウントを作り、お互いに友達にしました。(友達になるまえに端末Aのレターシーリングはオフ)
以下ややこしいのでA子、B子という感じで説明します。

A子(レターオフ状態):B子をブロック後、友達削除。
なのでA子側ではB子とのトーク画面とか履歴も一切ない状態です。

この状態でB子側でA子(レターオフ状態)とのトーク画面を見てみると、鍵アイコンはついていません。

B子からA子(レターオフ状態)に対して、この状態でトークを送ると、もちろん鍵アイコンは付いてません。

一方A子側はB子をブロックした上に友達削除をしているので、トークはもちろん、なにも表示されませんし、なにも起こりません。

次にA子のレターシーリング機能をオンにします。

この状態でB子の先ほどのトーク画面を見てみると、A子もレターシーリング機能をオンにしたにも関わらず、鍵アイコンはついてません。

しかし、B子からA子にトークを送ると、その瞬間、トーク画面に鍵アイコンが表示されました。

つまりA子がB子をブロックしようが、友達削除しようが、レターシーリング機能が有効ならトークを送れば鍵アイコンがつくし、有効でないならば鍵アイコンは付かないという事です。


一応、その後A子のレターシーリング機能をオフにしたら…。
B子の先ほどのトーク画面を見てみると、A子がレターシーリング機能をオフにしたにも関わらず、鍵アイコンはついたままです。
しかし、B子からA子にトークを送ると、その瞬間、トーク画面から鍵アイコンが消えました。


しかしながら、トーク画面を開いただけで、トークを送っていないのにもかかわらず鍵アイコンが表示されている相手と表示されていない相手がいるのはよくわからず…。

たぶんアプリを更新していないのか、放置されているアカウントになっているのか、相手がレターシーリングをオフっているのか、以上のどれかだと思います…。



2016/06/25

壁内LAN配線とテレビ遠距離受信と…。

今回は新設壁内配線DIYとテレビの遠距離受信についてです…。

■新設壁内配線
まずは壁内配線をするために天井裏に潜入。
yaneura_sennyu.jpg
この画像の一番奥の壁の隙間にケーブルを入れていくんですが、この時期で屋根裏はもうすでに40℃近いです…。
ちなみにこの天井裏部分に関してはころがし配線になるので大きな問題はなし。

LANケーブルは今回はCAT6を選択。価格が安かったので、日本製線製のCAT6LANケーブル(単線)です。



問題点はここから。
天井裏をころがし配線してきたLANを一階にあるMDF盤へ通線する必要があるんですが、その前に、一旦二階の配線盤へ通線しないといけないんですが…。直接目的の配線盤へ通せるルートがありません…。

配線盤から出てきているCD管。その他に通せる隙間はなさそう…。
sukima.jpg
そこで、配線盤への唯一のルートになるCD管の途中に穴をあけて無理やり通線することに。
ほんとうならジョイントボックスなりでやったほうがよかったんでしょうけれど、LAN一本だけだし&誰も見ないし&使ってないCD管だし…とかいろいろと考えて直接IN!(笑)一応ビニテで巻いて補修しておきました。
CD_LAN.jpg
無事CD管経由で配線盤内へLANケーブルが通線。
CDkankaralan.jpg
とりあえずここまでくれば大変な作業はほぼ終わりでした。
残っているのはこの配線盤から一階にあるMDF盤へLANケーブルを通すことなんですが、配線盤からMDF盤へはCD管経由でアクセスできます。

なんですが、CD管を通すここからの作業は通線ワイヤーは必須です。
tuusen_w.jpg
Amazonで購入したこの通線ワイヤーデンサン ブラックスリムライン30m BX-4030J
届いたときにあまりの軽さに中身入ってるのか不安になりました(笑)
ちなみにケース(青い管)には入ってない状態なので、最初に入れておくことをお勧めします。
とりあえずと思ってそのまましてたらひどいことになりました。


さらにすでに何本かLANが通ってるので、通線に必須のデンサンウエット(摩擦を低減させるドロっとした液体です。)
デンサン 入線潤滑剤 デンサンウェット 0.5L ND-55S

デンサンウエット
このデンサンウエットは既に配線が通ってるCD管に新しく通す場合は必須だと思います。
これがあるかないかで、作業が全然違います。
ちなみにいらない雑巾とかで通線するケーブルに塗ることで抵抗(摩擦)が半分になるみたいです。



でCD管経由のMDF盤への通線はあまりにも簡単に終わったので写真撮ってないです…(笑)

そしてMDF盤へ出てきたLANケーブルはHubへ接続するので末端加工をします。
今回はかしめ工具を持っていたので、簡単に。
lan_hantai.jpg
2本あるうちの1本は天井裏を通ってきてるケーブルで、もう一方は新規で別の部屋からCD管を通してきた配線です。




そして新設壁内配線へ話を戻すと…。

今回は新しく壁を開口したんですが、目的の位置にちゃんと天井裏を通って落としたケーブルがちゃんと出てきてました。

ちなみに、既存のコンセントと高さを同じにしたかったので、すぐ横に開口したんですが、横木が通ってました(笑)
仕方がないので、横木切断です…。ってかすぐ横が既設コンセントでそこも切断されてるはずですし影響はないかなと…。

壁を通したケーブルに接栓取り付け(開口部にはとりあえずの位置を見たかったのでフルカラー用の枠を止めてます。)
tvsessen.jpg


そしてLANケーブルも加工。便利なぐっとすLAN端子(CAT6対応)
ちなみにLANの結線でAとBの2タイプがあるんですが、いろいろ調べてみるとBタイプが主流みたいです。
※T568Aが標準でT568Bがオプションの結線方法とされています。
guttosu.jpg
ちなみに今回はLANに関しては2か所新設するので、ミルキーホワイトとホワイトの2色を用意しました。
cat6_w.jpg



そしてアンテナケーブルも接栓を取り付けたらターミナルへ接続!
Panasonic 埋込高シールドテレビターミナル(電流通過形)ホワイト WCS38809W

ちなみにマスプロやDXアンテナなんかもターミナルを出しているので、いろいろ探したんですが、今回のパナソニックのテレビターミナルが私の環境では一番良さそうかなというところで選んでます。ちなみにアンテナケーブルはマスプロ製のS-5C-FBです。
今回はケーブル長は20M程度使用しました。
TVta-minaru.jpg




そして完成。今回はテレビ端子がホワイトしか見つからなかったので、LAN端子もホワイトで統一。プレートだけはミルキーホワイトなので少し色が違うけれどテレビ端子とLAN端子が同じ色にしてあるので、そこまでの違和感はなし。
LANTV完成
ちなみに、フルカラープレートの基本色(ミルキーホワイト)で合わせるとこんな感じで同じ色に。
hensyoku.jpg
※フルカラーのモダンプレートのホワイトを見つけました。

パナソニック フルカラー モダンプレート 2コ用 ホワイト WN6002SW
型番の後ろにSWとつくものはミルキーホワイトじゃなく、コスモシリーズワイド21のホワイトと同じホワイトのようです。
パナソニック電設資材総合カタログ2016 P436から。


ちなみに遠距離受信のほうは…。

以前紹介したマスプロの平面アンテナスカイウォーリー「U2SWL26B」を屋根裏へ設置(仮設)
maspro_u2swl26b.jpg
このアンテナはブースターが内蔵されているので、新設したアンテナターミナルは電流通過形をチョイスしました。


で一応説明すると、地元TV局の送信所は直線距離にして約18キロ、直視はできないものの、大きな山などの障害になりそうなものはありません。放送エリアも強電界~中電界に入るものと思われます。

一方の遠距離受信する送信所は直線距離にして約38キロ、直線上には山もあり、放送エリアの目安で確認したところ、ちょうど山で電波が分断されているような状況。完全なるエリア外です。

そこで、いろいろとアナログ時代の遠距離受信関係を調査していたところ、どうも山と山の間にある峠方向にアンテナを向けるとそこから漏れていた電波を受信できていた世帯があったみたい。なので、送信所からの距離は約38キロでしたが、放送エリアの目安となるエリア端からはおおよそ16キロ、角度的には約130度ほど違います。

ちなみに地元ケーブルテレビ局は目的局の再送信をしています。ちょうどその受信点とみられる場所を見かけたんですが、アンテナの設置高が相当高い上に、パラスタックアンテナをさらにスタックして受信しているみたいでした。

で、実際に屋根裏に設置した平面アンテナと壁内を通した新設のアンテナケーブルをつないでいろいろと方角を調整した結果、遠距離受信の目的局はフルセグ復調成功。
C/N比も22(シャープのアクオスのアンテナ設定の裏メニューから確認。「青→緑→終了」)とたまにブロックノイズが出ることもあるものの屋根裏設置にしては思ったより受信環境は良さそう。

とりあえずの目的は果たしましたが、同じタワーから送出されてる別の局に関してはフルセグ復調に至らず、NHKEテレに関してはサーチにも引っかからない…。とりあえずその他の局はワンセグ復調可能レベルではあるものの、今後の検討課題かなと。
fukutyo.jpg


で、今回選択した平面アンテナは素子こそ26素子相当なんですが、利得は8.4~9.8dBです。
なので、次回以降LS206TMHの超高性能型アンテナを設置して比較してみたいと考えています。

マスプロ 地上デジタルアンテナ【20素子 高性能型】 LS206TMH
このLS206TMHだと希望する物理チャンネルの利得が3~4dBほど変わってくるので、この差がどこまで出るのか試してみたいと…。

あとはブースターとUHFミキサーですか。


マスプロ UHFミキサー MXHUD-P


DXアンテナ BS/CS/UHF用ブースター(屋外用) GCU433D1






2016/05/29

えきねっと(JR東日本)トクだ値での事前予約結果+通常乗車券との券面の違い

後々のために備忘録として残しておきます。

JR東日本のえきねっとでは、切符購入が乗車日の1か月前から、切符の事前購入予約が1か月+1週間前からできるのはご存じだと思います。

そのえきねっとで切符の購入をするうえで、お得な割引切符として「トクだ値」というものがあって、トクだ値1010%お先にトクだ値3030%切符が安く買えるんですね。

そんな中で、このトクだ値で新幹線の乗車券を事前購入予約をする機会があったので、実際のところ、希望する「トクだ値」でどのくらい予約が取れたのかメモ書きです。


まず① 新幹線上り(通常の土曜のお昼 11時発※非繁忙期) トクだ値10(10%割引) えきねっと事前購入予約で5名分予約。
→予約購入結果:購入不成立(満席のため)
→対応:トクだ値10の残席を確認したところ、2名分はトクだ値での発券が可能だったため、2名分をトクだ値で発券。3名分は通常購入。

次に② 新幹線下り(通常の日曜の夜 19時発※非繁忙期) えきねっと事前購入予約で1名分予約。
→予約購入結果:購入成立

その③ 新幹線下り(通常の月曜の夜 19時発※非繁忙期) えきねっと事前購入予約で4名分予約。
→予約購入結果:購入不成立(満席のため)
→対応:トクだ値10の残席を確認したところ、3名分はトクだ値での発券が可能だったため、3名分をトクだ値で発券。1名分は通常購入。


以上の結果から割引率の低いトクだ値10での予約であっても、2名以上を超えると事前購入予約だけに頼るのは危ないかも。

これが「お先にトクだ値30」など割引率が高くなるとさらに厳しくなるのは確実。







追記↓

続きを読む

2016/04/29

【メモ】WindowsUpdateの確認に時間がかかるときの対策方法。

WindowsUpdeteの更新を確認したときに、いつまでたっても「更新プログラムを確認しています…」のままって時にする対策方法が公式のブログで公開されていたので、メモ。

方法:Windows Update を実行する前に、 2 つの更新プログラムを手動で先に適用する。
1.最新のWindows Update Agentの更新プログラム
2.最新のInternet Explorerの累積的なセキュリティ更新プログラム


以上。

詳細は↓のJapan WSUS Support Team Blog を参照。
「Windows Update がなかなか終わらないな…」と思ったら