2017/07/23

【MVNO】IIJからピンバッジが届いた!

ということで、冬あたりにBIC-SIM(IIJSIM)の申し込んだよーというblogをアップしてもう半年以上たってますが、
そんな中、IIJから荷物が!!!

中身はIIJのピンバッジでした!

どうも、5名以上の方に友達紹介コードを使っていただいた特典として届いたみたいです。
ありがとうございます(*^_^*)

今現在もBICSIM(IIJmio)利用中で解約予定はないので、安心して紹介コードを利用していただけると幸いです。

とういう事で、もし友達紹介コードを探している方がいれば…。
「641 1337 4191 1536」

使っていただけると嬉しいです。

(こちらからは何人がコードを使ったとか、そういう情報は一切調べることができないので、単純に毎月の請求が少し安くなってる!とか今回みたいにピンバッチが届いたとか、そういうような所で、使ってもらった方がいるんだなーとしか判らないので、個人情報がバレルんじゃないかって言うような心配は不要です。)

※ちなみに、ほかのサイトでも探せば友達紹介コードが載ってると思うんですが、対象回線が解約されてると、紹介コードを入力しても特典が付与されないらしいので、なるべく新しい友達紹介コードを利用することをお勧めします。

スポンサーサイト
2017/01/09

【MVNO】IIJSIM(BIC-SIM)導入その後。

BICSIMを申し込んだという所で前回記事が終わってるので、その後の到着から使用感等をアップしておきます。

※-----
友達紹介コードを探してる方がいれば、こちらのコードを使ってくれるとうれしいです。
「641 1337 4191 1536」

ちなみに、ほかのサイトでも探せば友達紹介コードが載ってると思うんですが、対象回線が解約されてると、紹介コードを入力しても特典が付与されないらしいので、なるべく新しい友達紹介コードを利用することをお勧めします。

※2017.4.15追記
何人かの方に友達紹介コードを使っていただいたみたいです。
ありがとうございます。
現在もBICSIM(IIJmio)利用中で解約予定はないので、安心して紹介コードを利用していただけると幸いです。


(こちらからは何人がコードを使ったとか、そういう情報は一切調べることができないので、単純に毎月の請求が少し安くなってる!ってことから、使ってもらった方がいるんだなーとしか判らないので、個人情報がバレルんじゃないかって言うような心配は不要です(笑))
※-----

申し込んだのが12月16日の午前中だったんですが、その翌日にはSIMがヤマトで送られてきました。
そして、到着後、即データSIM追加の申し込みをしたところ、またまた翌日には追加SIMがヤマトで届きました。
iij_pk1.jpg
※新規申し込みで送られてきた物とSIM追加で送られてきた物で入っていた内容物に違いはなく同じものが入ってました。

ちなみにMVNO用のSIMって以前はdocomoのSIMをそのまま流用していたはずなんですが、
2016年からはMVNO専用のSIMが出ているようで、SIMカード&台紙からはdocomoロゴ等が一切なくなって無地のデザインになっています。
iijsim_docomo.jpg
↑右がdocomoのロゴ入りのSIM(従来はIIJでもdocomoロゴ入りのSIMでした。※写真はdocomo回線のSIM使用)。左が新しい無地のSIMカード。(※IC面は元々デザインがないので違いはないですね。)

iOS版アプリ「みおぽん」。
iij_app.jpg
高速通信のON・OFFはアプリで簡単に操作できます。
ちなみに画面赤枠で囲ったところのSIM内クーポンは(SIMを2枚使用しているので2つあります)、どうも総残量から10MBずつ各SIMに配分される?みたいで、10MB使用したら10MBずつ総残量から移動してくるような形らしいんですが、よくわからなかったので、気にしてません(笑)

最後にアンテナピクト&セルスタンバイ問題について。
SIM電波状況比較
iPhone5S(iOS10.3)環境になるんですが、データ通信SIM(SMS付)の場合は通常のSIMと相違なく電波状況も確認できます。
一方データ専用のSMSなしSIMの場合は確認してみたところ、圏外表示にはならないものの、常に電波状況を表すピクトは電波が立っていない状態で電波状況の確認はできませんでした。

※しかしながら電波状況を数値化するiPhoneの裏ワザを使用してみたところ、数値の変動が見られたので、電波状況の確認は一応できます。また、iPhone6など機種によってはVoLTE機能を使用することで4G環境であればアンテナピクトが正常動作することもあるようです。


ほんとの最後に…。
BIC-SIMだとWi2 300の無線公衆LANが使用できるんですが、これ、モバイルルーターのMR04LNと使うと便利だという事に気付きました。
↓画像は最新モデルのMR05LNです。

NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター Aterm MR05LN ( デュアルSIM 対応 / nanoSIM×2 ) PA-MR05LN
このモバイルルーターって、公衆無線LANスポットに接続ができるんです(対応しない公衆無線LANサービスもあります)。Wi2 300の場合は対応しているので、このモバイルルーターに接続の設定をしておいて、Wi2 300の自動ログインにモバイルルーターのMACアドレスを登録しておけば、いろんな端末からWi2 300をモバイルルーター経由で利用できるんです。(いちいち各端末でログインとか面倒なことをしなくて済むので…)

ちなみに、MR04LNの場合、どのアクセスポイントに自動接続するのかを設定できました。
なので、Wi2 300でもプレミアムは利用しないとか、UQWi-Fiは利用しないとかBBアクセスポイントは利用しないとかも設定できます。(詳細はMR04LN等のマニュアルを参照)

2016/12/16

【IIJ mio】BIC SIM(ビックシム)申し込んでみた!【MVNO】

そろそろドコモの2年縛りが切れるので新しくBIC SIMを申し込んでみました。

※-----
友達紹介コードを探してる方がいれば、こちらのコードを使ってくれるとうれしいです。
641 1337 4191 1536

※2017.4.15追記
何人かの方に友達紹介コードを使っていただいたみたいです。
ありがとうございます。
現在もBICSIMIIJmio)利用中で解約予定はないので、安心して紹介コードを利用していただけると幸いです。


(こちらからは何人がコードを使ったとか、そういう情報は一切調べることができないので、単純に毎月の請求が少し安くなってる!ってことから、使ってもらった方がいるんだなーとしか判らないので、個人情報がバレルんじゃないかって言うような心配は不要です(笑))
※-----

なぜBIC SIMなのか!?
↓こういう事です。1円スタートですってよ!
bicsim_topimg.jpg
まあ実際の所、初期費用3000円が1円とか書いてありますけど、amazonとかで600円程度でパッケージ売ってるので、(まぁ600円が1円になった程度です。)

それに、OCNモバイルONEは現在利用中、mineoも以前利用してましたし、その他だとsonetも0SIMで現在利用中なので、新しいMVNO開拓するかーって感じです。

↓こういったパッケージの価格には初期費用が含まれてるので、基本的に定価は大体3000円とかです。それが600円前後で買えるという…。(笑)

IIJmio SIMカード ウェルカムパック マイクロSIM ( バンドルクーポンキャンペーン中 4GB増量×3ヵ月間 ) 【Amazon.co.jp 限定】

それにBIC SIMキャンペーンに12か月×1Gで最大12GBプレゼントとか書いてありますけど、よーく見るとamazonとかで買えるパッケージにも期間限定で3か月×4GB増量って書いてあるので実質12GBプレゼントは同じですね…。


一応BICSIM専用お申し込みページから申し込むとこんな感じ↓でキャンペーンが適用されてます。
bicsim_1gbcam.jpg

ちなみに、今回、”BIC SIM”を申し込むか、プロパーである”IIJ mio”を申し込むか迷いました。

で、BICとIIJなにが違うかというと、BICSIMは「Wi2 300」という公衆無線LANがつかえる一方、IIJは使えない。
ただそれだけです。

申込み自体も、BICSIM専用お申込みページはIIJのサイトに飛ばされます。
APN自体も同じなので、回線の質も差異ないようです。

で、正直個人的に、IIJとの違いでビックシムにはついてくるWi2 300、微妙だなって思ってます。
一応価格面での違いがないので、まあナイよりマシかー。程度です。
これがたとえばIIJプランから+100円とかで価格面での違いがあったとしたらIIJを選んでたと思います。

なぜならWi2 300ってオプションエリアの Wi2premium, Wi2premium_clubはよく見かけるんですが、このBICSIMで利用できるアクセスポイントってベーシックエリアのみなので、使えるところがそんなに多くないんですよね。

それに個人的に「docomoWiFi」もOCNモバイルONEで利用できる「Secured Wi-Fi」「DoSPOT」も使えるので、まぁ困らないです。(笑)


ちなみに今回申し込むときに友達紹介コードを入れときました。
自分は知り合いが誰も使ってなかったので、適当に探して入力しましたが、もし皆さんが周りにコード持ってる友達がいなければ、こちらのコードを使ってくれるとうれしいです。「641 1337 4191 1536
見てくれた方が、この友達紹介コードを使うと、私の場合は1ヶ月、月額料金が500円割引になります。
そして見れくれた方は2か月間10%データ容量が増量されます。

なのでたとえば容量の多い、ファミリーシェアプランだと合計で2GBもデータ容量がもらえます。
ちなみにこのファミリープランだと、クーポンカードだと3000円相当、追加クーポンだと100MB/200円なので4000円分、容量の少ないミニマムプランでも、600MBなので、1200円程度は、お得になるって感じです。

この友達紹介コードBICSIMの申し込みでも、IIJmioの申し込みでもどちらでも利用できます。
お友達紹介キャンペーンIIJmio

2016/10/24

[追記/さらに3か月間使ってみて。][追記]Let's note RZ6(ジェットブラック)を実際に使って。

そろそろレッツノートを購入して一週間になるので、簡単な使用感みたいなレビューでも。
CF-RZ6EDSPP_01.jpg

今回購入したRZ6はコンバーチブルPCなので、タブレット端末としても使えます。

で、タブレットとして使った時の感想として、どうしても、持つときにキーボード部分にも手がかかってフニャフニャするので、うーんという感じ。またタブレットとして使うときはやはり厚みが気になるかな…?
キーボードに関しては純正のキーボードカバーがあるので、それを購入すれば、いいんでしょうけれど、基本的に持ち運びの時を考えると、ずーっとタブレットスタイルで運用するという事はないので、邪魔でしょと。
ただ、周りの目が気になるようなカフェとかの環境で窓際とか、壁際じゃなくて、ど真ん中の席(パーテーションがないようなところで)とかでPCを使うときにタブレットスタイルだと、PC使ってますよ感がなくて、いい感じ。ひざの上とかに乗せて使ったりすれば、画面とかあんまり見られないし。

タッチパネルについて。
タッチパネルということで、iPhoneとかと同じで、当初、液晶保護フィルムでも買おうかなーと思って純正オプションの液晶保護フィルムとか見てたんですが、、実はこのRZ6、すでに純正オプションの液晶保護フィルムが貼られた状態なので、新たに保護フィルムを購入する必要はありません。なので、純正オプションの液晶保護フィルムは既に本体に貼られた保護フィルムが劣化するまでは購入不要です。
触った感じとしてはさらさらしていて指を滑らせやすく、タッチ操作に不満はありません。

ちなみに起動時BIOSパスワードをかけているんですが、通常時でもタブレットモードでも画面キーボードが表示されるので、タッチでパスワードを入力できます。

キーボード入力時のトラックパッド誤動作について、RZ5などのレビューを見ていた時に誤動作の記事を見かけたので、気になっていたんですが、現状、設定を何も弄ってませんが、特に問題ないです。



ブラックモデルで気になる指紋について。
今回選んだジェットブラックモデルはマット系のブラックになるので、指紋がべったりというよりは指の油で、黒がより黒くなるみたいな感じです。ただ使っていてそこまで気になるようなことはないですし、クリーニングクロスで拭けばさっとなくなる感じでした。
またタッチパネルもサラサラとした保護フィルムになるので、指紋がべったりという事はないですね。

画面について、デフォルトだとDPIが150%だと思うんですが、私は125%で運用しています。
個人的に125%がこの液晶サイズで常用できるギリかなと。さすがにDPI100%は小さくて厳しいです。かといってDPI150%だとちょっと大きい気がします。

ということで、とりあえずのレビューはこんな感じでした。

ちなみに今だとパナストアでLTEモデルを買うと半年?タダで使えるSIMがついてるみたいですね。
LTEなければないで別に困ることもないですけど(実際の所、iPhoneのBluetoothPANと公衆無線LANで現状まったく問題ないです。)、ただついてて困るようなものでもないので、価格差が許容できるならSIM付のLTEモデルがおすすめかもしれないですね。


あとWindows10の付箋アプリって結構便利ですね。(笑)簡単なメモとかペタリしてます。




追記-
・搭載されているSSDは「SAMSUNG MZNTY256HDHP-00007」です。
・タブレット状態で使用時に、ブラウザの上部タブ部分などをタッチするときに持ち方によっては輝度センサー部分を遮ってしまって、自動輝度調整が働いて輝度がいきなり変化するので、そのあたりで5秒以上暗くなったらとか、そういった設定ができるのかそのうち確認しようかなと。




さらに追記。2017/2/10更新

もうレッツノートを購入して3か月経ちます。
そこで、実際に3か月間使ってみて感じた点を少しだけ。


■まず重さから。
なんといっても軽いです。常にカバンに入れてますが重さが気になったことはないですね。

■耐久性
ほぼ毎日のように、電車を乗り遅れないためにカバンの中身ガッチャガッチャ音立てながら数百メートルダッシュしてますが(笑)今の所、全然調子が悪いとかはないです。

■画面サイズ
さすがにデスクトップのモニターと比べたら画面サイズが小さいですが、通常使用で使っていて小っちゃいなーとか思ったことはないですね。やはり解像度があるからでしょうか。
また画面サイズが小さいのでその分フットプリントも小さく、新幹線の座席のテーブルなんかでも使いやすいです。

■コンバーチブルとして。
簡単に折りたためてタブレット端末として使えるというのは結構な利点だと感じました。
2in1のPCの中には画面とキーボードが完全分離してしまう端末もありますが、RZについては分離しなくて大正解だと思います。

何がいいかっていうと、画面が好きな位置で止まるんですよね。
新幹線の中で映画を見たいとかって時に、途中まで逆折りして動画を見れたり(※通常の状態で使うより画面が手前に来るので見やすい)、そのまま完全に逆折りしてタブレット端末として使ったり、逆に通常に戻してみたいなことがやりやすいのかなと。

■Macbookと比較してみて
やはり端子が豊富についてるって安心します。
HDMIでより大きな画面に出力できたり、SDカードを読み込めたり…。ってなとことですかね…。
2016/10/20

【レッツノート】CF-RZ6到着!いいよこれ!

ついに届きました!レッツノートです。
CF-RZ6EDSPP_01.jpg
ちなみに購入した機種はコンバーチブルPCの「レッツノートRZ6/プレミアム/SSD 256GB/ジェットブラックCF-RZ6EDSPP」です。

ちなみに最初に紹介すると今回購入したものは以下の商品です。
rz6_4.jpg
レッツノート、ミニACアダプター、ケース、トレシー。

ちなみにRZに付属しているクリーニングクロスは↓こんな感じのものです。
rz_crs.jpg
まあ、別にこだわりがなければ、付属のクロスで十分かと。

↓一応トレシー



そして次にケースの紹介を先に。
今回購入したのは、PDA-TABS10になります。

参考収納寸法がW192×D18×H275mmという事なので、本当ぴったりかキツイぐらいなのかなーと思っていましたが、本当にぴったりサイズ。↓の画像を見てもらえればわかるんですが、左右の隙間に小指の第一関節ぐらいまでなら入るかなーぐらい。
rzcspit.jpg
難なく入れることができるギリギリの隙間感!(笑)

ちなみに…。このケース、ネオプレン素材で最初は匂いがちょっときついので、洗剤で洗いました(笑)
洗わなくても、一か月もしたら、気になる匂いはなくなると思います。

次にACアダプターの紹介でも。
せっかくのRZだからACアダプタもミニが欲しいなとと思って購入したACアダプタがサイズ的にどのくらい違うのかというと、
acアダプタ
こんな感じです。
なんか思ったよりも、付属のACアダプタも結構小さくて頑張ってるなーって感じです。(笑)

rz_ac2.jpg
ただ、コード部分の太さやプラグ部分のごつさも違うので、結構まとめたときに違いが判ると思います。

・Panasonic ミニACアダプター(CF-AAA001AS)

ちなみにミニACアダプタの注意点として、
仕様としてはAC100-240V対応※
サイズは幅73.5mm×奥行35.5mm×高さ25.5mm
重さ約110g(電源コード60gを除く)
ウォールマウントプラグを付けた場合は幅96.5mm×奥行35.5mm×高さ25.5mm、重さ約130g
で、上記AC100-240V※とありますが、電源コード&ウォールマウントプラグは100V対応なので、海外などで使用する場合は
付属の電源コード&ウォールマウントプラグは使えないという事ですかね。

そして、そもそもの話として、このミニACアダプタはバッテリー使用時のバッテリー消費電力を抑えることに特化した小型軽量化したアシスト用の電源なので、PC使用時はバッテリー充電ができません。
また、動作状況によってはバッテリーも消費するとのこと。

バッテリーの充電は、PCのスリープ、休止、電源OFF時にしか充電ができません。

注意事項として
・Windowsのセットアップ時はミニACアダプターは使用不可。
・PCが電源OFFの時のUSB機器への充電はPCのバッテリーが満充電にならないとUSB機器への充電は始まらないとのこと。
・Windowsの表示するバッテリー駆動時間が大きな値が表示される。(ミニACアダプター使用によって、バッテリー消費が極めて少なくなるため)
・ピークシフト機能は動作せず。
・ミニACアダプタ単体でのPC動作はしない。(PCからバッテリーパックを外していると使えないという事)



そして、実際にRZ6を使ってみて…

LTEモデルじゃなくても全然ありだなと思いました。
なぜなら、公衆無線LANを使えばいい。(※)&スマホで何とかなる。

とりあえず、基本的な外出時のネット回線として、ドコモユーザーなのでdocomo WiFiが月300円で利用できるのでそれを利用しています。また、公衆無線LANがない場合のネット回線として、iPhoneでBluetoothPANを利用してみました。

BluetoothPANってあんまり馴染みがないかもしれませんが、iPhoneとレッツノートをBluetoothでペアリングしておけば、iPhoneをポケットの中とかカバンの中に入れておいても、レッツノート側から、iPhoneを選んで、接続すればそれでネットがつながるんで便利です!。(BluetoothPANはそこまで速度は出ませんが…スピード的には2~3Mぐらい?)

あとはそれ以外にもモバイルWiFiルーターも持ってますし、私個人の環境ではLTEモデルじゃなくても十分でした。


・性能
今回購入したモデルはCPUがi5になるんですが、i5とはいいつつ実際の所はCore Mの名前が変わったということなので、正直、性能は不安でしたが、最近のノートの性能はすごいですね。(前回買ったノートが4年前ぐらい…)

いつもデスクトップPCを利用して、ブラウザでタブを大量に開くんですが、同じことをRZでしても問題なし。
Photoshopなんかも余裕です。

キーボードなんかもVAIOのtypeP(ポケットに入る宣伝してたPC)を利用してた私からすると、全然問題なし。

これからガンガン外に持ち出して使おうと思ってます。
2016/10/17

【月300円】docomo-WiFiに申し込みました。

レッツノートRZ6用に外でもネットができるようにdocomo-WiFiの月額300円プラン※へ申込みました。

service_mark.gif

※ドコモユーザーであれば月額300円で0000docomo、0001docomoのWiFiスポットの利用が可能です。
ちなみにSPモード等に入って、iPhoneなどで0001docomoとかつながるよーって人もいると思います。
それに使用しているアカウントはiPhoneだけじゃなくて、実はPCとかでも使えます。そちらも月額300円なんですが、そちらは、永年無料キャンペーンで実質タダです。(ただ一台のみなので、スマホでログイン中はPCはつなげません。)

ということで、今回スマホで使用しているWiFi接続アカウントとは別にPC用に使えるように、月額300円プランへの申し込みになりました。
ちなみにドコモユーザー以外の方の場合は「docomo Wi-Fi月額プラン」月額1,500円、「docomo Wi-Fi for visitor」で3週間当たり1500円かかる訪日外国人向けのプランが利用できるようですが、1500円かかるんなら…って思っちゃいますね…。

で、申込み時に接続用IDとパスワードは自分で決めることができるようです。

ちなみにこういった公衆無線LANサービスの場合、WiFiに接続したら、ブラウザ開いて、サイトでユーザーIDとパスワードを入力してログインしないとネットに接続できない!とか思いますよね?
スマホならSIM認証で勝手に0001docomoにつながるのに!って。

どうも調べてみると、PCでも設定すれば、「0001docomo」に接続して自動接続、自動ログインができるようです。

ドコモの自動ログイン設定方法解説ページ↓
※IEEE802.1X認証の対応機器に設定し、docomo Wi-Fiのエリアに入れば自動的にログインする設定方法です。

一応、私の使用したい場所は「0001docomo」がつながるのは確認済みなので、しばらくこれで様子を見ようかなと。

ちなみに、モバイルWiFiルーターもあるので、これで、外でのネット環境が整いました。

一応、RZが届いたら、iPhoneのBluetoothPANでインターネット共有もできるようにすればLTEモデルじゃなくても、だいぶ快適なネットライフを送れる予定です。(笑)


2016/08/08

【MVNO】OCNモバイルONEでSIMを追加してみた。【実際に使って…編】

以前ブログ記事「【MVNO】OCNモバイルONE回線のSIM追加してみた。そしてmineo解約。 」にしたんですが、それから約半年たって使い心地とかどうなのって気になる人もいると思うので新しく書いておきます。

まずSIMの追加について。
基本的にはどのプランであってもSIMの追加(容量シェア)はできるようです。
で私の場合はもともとSMSなしのデータ110MB/日プランの回線を所有していました。
そこにSIMの追加で、SMS付のSIMを追加した形になります。(月額+570円なので月額合計1500円程度です。)

※ちなみに追加でかかる月額料金(税抜)は、
・SMS無しデータ専用SIMの場合は450円/1枚
・SMS付のSIMを追加する場合は450円+120円/1枚
・音声付のSIMを追加する場合は450円+700円/1枚
です。(※初期費用が別途かかります)2016/8/8現在

詳細は公式ページにてhttp://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

ちなみにSMS付データ回線を追加した理由はセルスタンバイ問題とアンテナピクト問題の可能性を避けたい&SMS認証が必要なアプリ対策です。(単純にモバイルルータで使用したいとかいう人はSMS無しのデータSIMでいいと思います)




■SIMの追加の申し込み方法について。
OCNのページから、「プロバイダ(インターネット接続)トップ > モバイル > OCN モバイル ONE > 各種変更のお手続き」へ進み、「データ通信専用SIMカード・音声対応SIMカード 共通のお手続き」からSIMの追加を申し込むだけです。

■実際に申し込むと…?
OCNモバイルONEのサイトからSIMの追加発行申請をして翌日の夕方には発送メールが届きました。
ちなみにSMSもケータイに来てました。発送までのスピードが速いですね。(ちなみに配送はヤマト)
sim_ocnpl.jpg

ヤマトのセキュリティパッケージで、内容物はSIMカードとOCNモバイルONEの設定案内の用紙一枚だけしか入ってないシンプルな感じでした。

届いた後は普通にケータイにSIMを入れてAPN設定して使うだけです。なので省略します。

なので、OCNモバイルONEアプリについてここから説明していきたいと思います。

その前にSIMの追加って容量が増えるってこと?って思う方もいると思うので説明すると、SIMの追加はそのままSIMを追加するだけです。なので容量自体は元々の容量を元々のSIMとシェアすることになります。

私の場合は元々使用していた110MB/日のプランにSIMを追加したので同じ容量をシェアすることになります。

なので元々のSIM+追加したSIMの合計2枚で使える容量は合計で110MB(スピード制限を受けない容量)です。

■アプリについて。
iPhoneとAndroidでアプリが出ているんですが、今回はAndriodのキャプチャを使って説明しますが基本的にはどちらも同じです。
まず基本画面から。
app_onehome.jpg

ちょっと使いすぎたので総残量0MBになってますが、基本的にターボを使ってなければ110MBのはずです。
※容量の繰り越しが一日だけできます。なのでターボをまったく使ってないという場合は110MB/日の場合、220MBまで貯まります。

本日の利用量について、この端末ではターボをOFFにしているので0MBですが、もう一方のSIMでターボを使用しているため(239MB)になってます。
その下にTOTALで4MB(244MB)と表示されていますが、この表示が使用した合計の利用量です。
※ここで一つ注意なんですが、ターボ自体は110MBなのに、239MBってどういうこと?って思われる人もいると思いますが、これはあくまでもターボスイッチがONになっているときに使用した容量のようです。
なので実際には110MB以上になった時点で速度制限を受けます。

↓直近3日間のタブではこのようなグラフが表示できます。
appone_3daygf.jpg

■便利なウィジェット。
andone_appwig.jpg
Androidの場合ウィジェットが使用できます。

単純にターボのON/OFFスイッチだけの物や、残量を表示するだけの物、両方表示できるもの。
これが結構便利に使用できるので、ぜひ使用することをおすすめします。


■私の場合の使い方として。
一方は常時ターボONのまま利用してます。(iPhoneで利用中)
そしてもう一方は常時ターボOFFのまま利用(基本的にはAndroid機で利用中、たまにモバイルルータに差し替えて…)

こうすることで、メイン端末は常にMAXまで高速通信ができます。
一方ターボを常にOFFにしているサブ端末は要所要所でターボをオンにすることで、容量を気にすることなく利用できます。
ターボがOFFであっても、テキストメインのLINEとかに支障があるスピードではないので。
※下記してありますが、公衆無線LANスポットが利用できるようになりました。容量を気にしなくてもいいので結構便利です。

↓こういうSIMフリー機をサブとして利用する人にSIMの追加はおすすめかも?って感じです。

【あす楽対象】【送料無料】 富士通 ARROWS M03 ブラック 「FARM06102」 Android6.0・5.0型・メモリ/ストレージ:2GB/16GB nanoSIMx1 SIMフリースマートフォン

価格:42,660円
(2016/8/8 16:19時点)
感想(0件)



個人的にARROWS M03だいぶ気になってます。SIMフリー機で40000円前後、富士通スマホというのは買いかなーって(笑)

ちなみに最近正式に始まったので、あまりご存じでない方もいるかもしれませんが、
公衆無線LANスポットが利用できるようになりました。
それが、「0001_Secured_Wi-Fi」です。
wifi_0001secure.jpg
詳細はこちらからhttp://service.ocn.ne.jp/mobile/one/wi-fi_spot/(※WiFiスポット利用には利用登録が必要になります)


最後にターボ容量がリセットされるのは毎日24時ジャストぐらいです。以上(笑


※モバイルルーターの新製品が登場しました。
AtermMR05LNです。

いまからモバイルルーターを購入しようと考えてる方はMR04LNよりお勧めです。
ただ価格差が大きいのでMR04LNもありだと思います。








2016/04/03

【備忘録】私がケータイを解約した3つの理由。

ちょうどドコモのケータイの2年縛りの更新月だったので、ケータイを解約してきました。

ちなみにちょうど更新月が3月で、ドコモの更新解約月が2か月に伸びる恩恵を受けれるタイミングでした。

ただ、ケータイの機種編をするにしろしないにしろメリットがないと判断したので、このタイミングでの解約です。

私が解約した3つの理由。

①ちょうど時期的にiPhoneSEや別機種への機種変更も考えられたが、私が利用していたXiデータプランのままでの機種編では月額サポートの恩恵が受けれず機種代金が全額自己負担になること。

②利用していたXiデータプランでは月7GBが利用可能であったが、新料金プランの最安プランだとしても、データ容量が大幅に減り、なおかつ月額料金が今まで以上にかかるという点。(※プラスXi割を利用していたため大体月額は5000円以下でした。)

③SIMフリースマホ、MVNOで十分代替できるという点。

ということで、今はOCNモバイルONEをSIMフリースマホで利用しています。



↑ですね。

ちなみにSIMを追加してスマホ2台で利用してますが、2つ合わせて月額1500円もかかってないです。(いろんな割引適用してますが。)さらに050Plusで電話も利用できますし、現状不満はないですね。


ちなみにドコモで契約中のスマホがもう一台あるんですが、それの2年縛りが10月で終わるので、それも時期が来たら解約しようと思ってます。

ちなみに、MVNOでデータ容量が少ないと思ったときはMVNOだけでなく、キャリアのドコモやソフトバンクのWiFiを利用するのも一つの手かもしれません。たとえばドコモのWiFiは月額300円で契約できますし。「0001docomo」や「0000docomo」ってWiFiのアクセスポイントってJRや地下鉄の駅や、コンビニとかいろいろなところで見かけますよね?

ほかにも以前ブログで紹介したsonetの0SIMとかも500MB以下であれば無料なのでそれらをモバイルルーターで併用したりすることでだいぶ快適に利用できるはずです。

ちなみに0SIMにおすすめのモバイルルーターはNECのMR04LNです!(笑)
今ならだいたいAmazonでタイムセールなんかで最安だと16000円程度で購入できます。結構頻繁にMR04LNはタイムセールに登場するのでおすすめです。


AmazonでMR04LNを探す!


最後に書き忘れてましたが、プラスXi割を利用中の方で、解約をする人へ。
解約月はプラスXi割が適用されないとのことです!
ドコモショップ店員からの説明で初めて気づきましたが結構プラスXi割ってでかいんですよね…。笑

2015/12/26

デジモノステーション購入!『0 SIM by So-net』 このSIM+αの組み合わせでずーっと無料で維持!?

12/29 開通&SIM装着記事をアップ!!ページ下部にリンクあります。

-------------
2016/1/26追記:
so-netから0SIMが正式サービスとしてリリースされました。
デジモノステーション付属SIMとほぼ同じ仕様みたいです。
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/
-------------



今話題のデジモノステーションを購入してきました!!

デジモノsta_sim
デジモノステーション 2016年02月号

これがなぜ話題になってるのかというと…!
デジモノsta_sim
なんとなんと、500MB未満までデータ通信が無料のSIMカードがついているんです!!!。

それも毎月!!


詳しく説明すると、500MBを超えて2GBまでは100MB=100円で、2GB以上は5GBまで1600円の定額SIMなんですが、500MB未満であれば、ただで使えます!!!

で、5GBに達すると、通信速度が200kbpsまでに制限がされますが、「チャージ(100MB/500円~)」を使用することで再度高速通信ができるようです。

ちなみに回線はドコモのLTE回線使用とのことです。

ただそういっても、初期手数料がかかるんでしょ?と思った人もいると思いますがそれもタダ!

買わないと損でしょ!(笑)という事で買ってきました。

ちなみにデータ通信専用で、毎月の使用量はソネットのWebから確認とのこと。

あっちなみに3か月間一度も使用しなかった場合は自動解約になるので要注意(笑)


でここからが本題。
このSIMカードをずーっとタダで使い続けるためには毎月というか3か月間に一度は500MB未満の通信をしないといけないんですよね。なおかつ、500MBを超えると自動的に従量料金に入って月最大で1600円かかることになる。

もちろんそれでも安いので全然あれなんですが、このSIMをタダの範囲内で最大限利用したい!と思ったときに、なんとなんと、ちょうどこの前購入したモバイルルーターのMR04LNが使えるじゃないかと!!!。

前回記事「【便利!!】モバイルWiFiルーター「MR04LN」購入。」に書いたんですが、

NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN ( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN

この機種はデュアルSIM仕様(2枚のSIMカードが差せる)!!

さらにこの機種のマニュアルを見ると、わかるんですが、

本商品では、LTE/3G回線については、当月あるいは指定した日数でのデータ通信量の上限を設定したり、上限を超えた場合に警告表示するか通信を停止するかを選択できます。
本商品では、設定した上限値に達すると通信を停止するように設定することもできます。通信量を超えた場合、5秒以内に通信が停止されます。

はい。
この機能使えば最大限利用してずーっとタダで使える!!!!!!(笑)※いちおうあくまでデータ通信量の目安表示なので、499MBとかで設定すると、通信会社側の計測値だと500MB超えてるとかそういう可能性があるので、20%ぐらいの余裕を取って425MBで設定すればいい感じかなと。


※最後に付録の「ゼロSIM byソネット」はナノSIMになるので、MR04LNで使用する場合はSIMを交換(SIM切替手数料は3000円)するか、下駄(ナノSIM→マイクロSIM変換アダプター)をはかせることになります。
ちなみに、MR04LNは本体に「SIM変換アダプタは使用しないでください」と記載があるので、そこは自己責任で…。(笑)









続きを読む

2015/09/30

【月額23円回線】mineo(マイネオ)SIM到着。

というとこでこの間申し込んだmineoSIMが到着しました。
申し込んでから4日ぐらいですか??




なぜmineoSIMを申し込んだのかというと、mineoでは9月からドコモMVNOの取り扱いが始まって、そのキャンペーンで新規で申し込むと月額800円割引が半年間続くからなんです。
zhu9jtiy.jpg

月額800円割引ってdocomoとかのキャリアの割引だとそこまでインパクトはないんですが、
MVNOだと月額800円とかのプランもあるので、実質かかるのはユニバーサルサービス料だけみたいなことにもできるんです!

ちなみにこの月額800円割引は税抜で、実際には800円+税の割引です!!


実際に私が今回申し込んだのはDプランのシングルタイプ(パケット制限500MB)にSMSを付けたプラン。

mineo Dプラン シングルタイプ 500MB

IMG_0346.jpg
↑の月額の明細をみるとわかるんですが、

月額費用は
・Dプランシングルタイプ+SMS パケット制限(500MB) 885円
・ユニバーサルサービス料 2円
で本来なら887円ですが、
これにドコモ回線プランスタート記念CP(6か月基本料割引)-864円が適用されて合計23円です!!!

今回オプションでSMSを付けたんですが、これは一部の端末だと、データ通信のみのプランの場合、アンテナ表示が圏外で表示されることがあるからなんです。(※もちろん圏外表示でも、本当の圏外でなければ通信可能ですが。)

ちなみに申し込んだデータ通信のみのプランの場合は、クレジットカード支払なのでカード情報の入力だけで、特に免許証が必要という事はなかったです。

ちなみに通話できるタイプの場合は免許証などのアップロードが必要なようです。

ちなみに、SIMはゆうパックで到着。契約書は郵便で同日に到着しました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。