2016/02/26

魔改造?フォトビジョン202HWのSIMなし運用TV全画面化

ヤフオクで、ソフトバンクのフォトビジョン202HW(白ロム)を入手しました。

※↑画像はamazonから。

なぜフォトビジョンを入手したのかというと、持ち運びできる小さいテレビが欲しかったんです。

で、このフォトビジョン202HWなんですが、9インチ液晶というちょうどいいサイズ感。そしてフルセグ受信可、バッテリー駆動可とものすごく使える写真立てでした。(笑)それでいて値段もお手頃。これは買いでしょ?と。

ですがここで問題が一つ。それはソフトバンクの契約中のモジュールSIMがないと、機能制限でTV画面がものすごく小さくなるという点。さすがにこんなものに月額1000円はかけたくないですよね…。

で色々調べてると、どうも改造すると、SIMなしでTVの全画面化ができるらしいと。


…!


※あくまでも改造は自己責任でお願いします。
(以下の改造は電波を発しないようにしたうえで行っています。また改造後は技適から外れるので電波は発しないように!。※もし電波を発したいんだという方は自力で技適認証とか取ってください…(笑))

細かい点は調べてもらうとして、いろいろ準備のために買いに行ってきました。アキバへ。

まずこの改造に必要なUSBシリアル変換モジュール。
USBhenkan
秋月電子で950円でした。(FT232RL USBシリアル変換モジュール)
色々調べているとチップセットがFT232RL、3.3V出力をできるものを探せばいいみたい?
→AmazonでFT232RLを探す。

そして使うかなーと思って買った細ピンヘッダ。(笑)
hosopinhed.jpg
↑使わなかったです…

このほかにブレッドボードと、ジャンパケーブル、ミノムシクリップとか。




でいろいろ準備して…。
202HW_pin.jpg

無事改造成功しました。

大体時間としては2時間くらいかかりましたが、JREのインストールとかも含めてなので、次やるとしたら1時間程度でできそうな感じです。


ちなみに「202hw_func_unlocker_script_5.zip」を探すのにヒジョーに時間がかかりました…。
いろんなブログを見てもどこにあるかのってないので、このzipを入手できるかが改造の重要なポイントになりますね…

いちおう言っておくと"結構前"のやつでしたが、リンクは生きてました。って説明程度にとどめておきます。
これから改造するって人は自力で探してみてください。

※あくまでも改造は自己責任でお願いします。
スポンサーサイト
2016/02/18

旅行に持っていくもの&持っていくと便利なもの

ということで、備忘録代わりに個人的に旅行(※国内)に持っていくものを記事にしときたいと思います。

とりあえず日帰りだろうと、どこに行くにしても必須。
・現金
(大体行く場所にもよりますが、前回いった北海道では、雪まつりの屋台での支払等を考え、1万円札を少な目にして、その代わりに5千円札や1000円札を多めに、そして小銭は500円玉メインで。みたいな感じで小さめにお金をくずして準備していきました。)
ちなみに両替は銀行のある程度の支店へ行くと自動両替機が設置されているのでそこで両替することができます。

・クレカ
(基本的にはカードを使えるところはカードで支払う感じにしてます。現金はあくまでもカードを使えない店用みたいな感じです。)
三井住友VISAカード お申込はこちら


・スマホ/ケータイ ※泊りの時は充電ケーブル、充電器も忘れずに!
(必須ですね。私の場合は航空券のチケットなんかは会員カードを使わずに、2次元バーコードの方をスマホに登録したりしてます。)

・デジカメ ※予備バッテリーと予備メモリカードも。
(せっかくなら旅行の写真を綺麗に撮っておきたい。ということで高級コンデジを購入しました。)

↑旅の思い出はきれいに残したいってことで、私はソニーのRX100M3を持ってます。

・モバイルバッテリー
(旅行先ではスマホで調べものや地図を見るなどで結構バッテリーを消費するので、必須かなと)

Anker PowerCore 10400 (10400mAh 2ポート モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Galaxy / Android各種他対応 マット仕上げ コンパクトサイズ 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】(ブラック)

→Amazonでモバイルバッテリーを探す。

・Suicaなどの交通系ICカード。(国内なら旅行先で電車に乗るときとか全国共通で使えたりするので。)



一応持ってくもの。(※宿泊が入るとき)

・コンセントタップ(延長ケーブル)


ELECOM 電源タップ モバイル用 3個口 0.3m T-M303
やっぱりホテルには自由に使えるコンセントが1~2口しかないので、モバイル用のコンパクトなタップがあると便利ですね。

・各種充電器類


・タブレット端末

・ノートパソコン
(デジカメの写真をバックアップしたり、スマホ対応していないサイトを見るとき用に)

・トラベルWiFiルーターorモバイルWiFiルーター


BUFFALO 【iPhone6対応】11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) トラベルルーター 433/150Mbps ブラック WMR-433W-BK(ホテル用)

(ホテルので無線LANを使えるってところでも、場所によって電波が弱いとかあるので、有線LANを無線にするルーターですね。もしくはモバイルWifiルーターで自前の回線を使うかの差ですね)

・USBメモリ
(パソコンでPDFとかにしたものをUSBに入れてコンビニプリントみたいなことをしたりします。)

・薬
(旅行には「ロキソニンS」をいつも持っていきます。※ちなみにロキソニンSは第一類医薬品で、体調が悪くなってから現地で入手しようとしてもドラッグストアでは取扱いのないところもあるので、事前に準備をおすすめします。※実体験から(笑))





・ジップロック

ジップロック フリーザーバッグ 大 36枚入

(水濡れ防止や、簡易的な衣類圧縮袋になるので、大き目を持っていくと便利です。)

//もし現地でレンタカーを使うことになった時用に。

・ETCカード
・シガーUSBアダプタ


・3.5mmステレオミニジャックケーブル


↑のケーブルはやわらかくて取り回ししやすいので個人的に気に入ってます(笑)

あると便利。
・イヤホン(航空機を使うときは遮音性に優れたイヤホンを持っていったりします。)※JALを使うときは、結構イヤホン端子が一般的なジャックじゃないので持っていかない事もありますが、ANA使うときは、あると便利ですね。

・養生テープ


日東電工 養生用テープ 50mm×25M さくら色 No.395N
一応養生テープでよく見かけるのは緑もしくは白ですね。なのでここではあえてさくら色。
(よくガムテープがあると便利って記事をよく見ますが、個人的には養生テープの方が便利かなと。それにガムテならコンビニで買えるし。)※キャリーバッグがポリカ製とかであれば養生テープで問題なくつくんですが、布製なら粘着が弱いので、ガムテがいいかもしれないです。
使い道はいろいろです。空港で手荷物預ける前に目印代わりにキャリーバッグに貼ったり。お土産が飛び出ないように袋を閉じたり。ちなみにそのまま持っていくのはかさばるので、ある程度使ってある養生テープで、さらに中の芯を取ってつぶした状態で持っていきます。

・空気枕(高速バスを使うなら100均製品であっても、あったほうが楽かな?)

・耳栓(高速バス用に)

※私が持ってるのは↑の製品ですが、もしかすると、紐がついてるタイプがいいかも?

・ウェットティシュー、ポケットティシュー

・マスク

・ボールペン

・いらないSuicaとかポイントカードなどのカード
(ホテルで部屋のカードキーを差し込まないと電気がつかないっていうタイプの時に、キー代わりに差し込む用に。そうすれば、本当のカードキーは財布の中に入れっぱなしで大丈夫なので。※非接触式のカードキーの時に便利。逆にカード差し込んで開錠するタイプならどちらにしろいちいち出さないといけないので、意味はないかも。)


//持っていかないけど、旅行に行く数日前にしておく準備。

・爪切り。(当日じゃなくて数日前にしておくのがポイント。爪を切った後で、なんか引っかかるなーとかって時にヤスリがけができるので。)










2016/02/17

そろそろ上京、初めての一人暮らしを始める人にすすめる家電とか。

そろそろ春、春と言えば新生活?

ふと、そういえば昔一人暮らしを始めるときにいろいろ張り切って買ったけど、結局今は使ってないなーっていう物と、逆にこれだけあれば十分だったなーって物をせっかくなので記事にしときたいと思います。


【必要】・電子レンジ(オーブン機能付きがおすすめ。)

シャープ オーブンレンジ ヘルツフリー対応 15L ホワイト RE-S5C-W

やっぱり一人暮らしになると結構コンビニのお世話になるので、電子レンジは必須です。
ちなみにパンとか焼くのにトースターも買おうって思ってる人は、普通にオーブン機能付きの電子レンジでいいと思います。
オーブン機能付きの電子レンジならトースターの代わりになるので。

ってか1Kとかでトースターとかあると邪魔だなーって(笑)

【不要】・炊飯器
料理好きでもない限り、自炊するのは最初の3か月ぐらいです。
なので炊飯器はいったん保留して、ちびくろちゃんで様子見するのもありじゃないかなと。
ちなみに私の家では炊飯器捨てました。

炊飯器の代わりにちびくろちゃんをIN

カクセー 電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き

調理器具編
【不要】ティファールのフライパンとかセットとかいっぱいついてるやつ。
たいてい、コンロって1口のところが多いと思います。
なので、基本的にいっぱい種類があっても使えるのって一つなんですよね。
なのでいろいろセットになっているものを買うより万能に使えるものを一つ買います。

ティファールのフライパンセットとかのかわりにウォックパンをIN


ティファール フライパン 炒め鍋 ウォックパン 「ディフューザル」 バジル 22cm C06875
画像を見てわかると思うんですが、簡単に言うとフライパンの底が深いタイプです。
これが一人暮らしにヒジョーに便利。
炒め物はもちろん、鍋、煮込み、とかいろいろ使えるので重宝してます。

【必要】ケトル
ガスでも電気ケトルでもどちらでもいいですが、私は普通のガス火をつかうケトルを使ってます。


【必要】常備薬(ロキソニンSなど)
とりあえず一つぐらいは置いておいた方が絶対にいい。


【必要】テレビ
一人暮らしならおすすめは22~24インチぐらいがちょうどいいサイズかも。

シャープ AQUOS 液晶テレビ 22型 ブラック系 LC-22K30-B

昔、当時としてはでかい32型の液晶テレビを買ったんですが、邪魔だなーって思い、いまは22型に落ち着いてます。(笑)

ちなみにHDDレコーダーとかは最近だと、テレビにHDDつなげて録画できたりするので、いらないかも知れないですね。
と言っておきながら、一人暮らしにぜひ勧めたい全録レコーダー!(笑)

TOSHIBA REGZA 1TB HDDレコーダー 全録 6チャンネル同時録画(通常録画不可) タイムシフトマシン D-M430
この番組録画し忘れた!とか気にしなくてもいいのは本当に便利。とくに一人暮らしなら、時間帯が不規則になっていくので、あっこれ見たかったとかっていう番組が後から見れるのは素敵(笑)



【必要】ノートパソコン
やっぱりスマホだけじゃ対応できないこともあるんです…。
まぁこれは必要になってから買っても全然問題ないですが。




【不要】プリンター
私の場合はめんどくさがりなので、プリンターを持ってますが、ほとんどの人なら、USBにデータ入れて、コンビニでプリントとかで済むと思います。
ちなみにそうはいってもプリンターが欲しいという人にはレーザープリンターがおすすめ。
長い間使わなくても、インクジェットみたいにインクが詰まって印刷できないみたいなことがないので。

【??】インターネット環境
これは人にもよるんですが、あまりネットを使わないならスマホのテザリングで大丈夫かなと思いますが、ネットで動画みるとかするんなら光回線でも入れておきましょう。




【必要】部屋の合鍵
一人暮らしなら持ち歩く鍵とは別に、いつも使うカバンに常に一つ忍ばせておくともしもの時に助かります。(笑)

【必要】冷蔵庫
場所によっては備え付けの所もあると思いますがついてないなら必要ですね。
【必要】洗濯機
洗濯機も近くにコインランドリーとかがあるならまだしも、最近ってそんなに見かけないので必要だと。
【必要】クレジットカード
私は現金派!とかいう人でも一枚ぐらいはあったほうがいいです。一人暮らし、いきなりお金が必要になることもあるんです。
たとえば、急に実家に帰らないといけない状況になったりすることも考えられますよね。



とりあえずの一枚なら三井住友VISAがいいかな?

ちなみに現金派ならとりあえずビューカードをおすすめしときます。
なぜなら駅にあるビューアルッテで前倒しで返済ができるから。
基本的にはクレカだと使った翌月請求なんですが、ビューカードなら、使った翌日にビューアルッテで前倒し返済ってことも場合によっては可能です。




2016/02/11

【備忘録】ご指定の場所に座席指定可能席が存在しません。【JAL】

ということで、ツアーで航空券を手配したけど、いざ座席指定をしようとしたら、指定できる席がもうなかったと言ったときに、座席が開放されるとどのぐらいの席が開放されるのか、実際に確認してみました。

※ちなみに、JALに限らず、ANAなどでも、搭乗時に配慮が必要な方への座席確保や、機体のバランス調整などの理由によって、事前に指定できる座席に制限があり、中でも、個人ツアーなどの包括運賃は事前に指定できる座席が少ないです。(ちなみに、ツアーなどの運賃での事前座席指定は満席でも、普通運賃では5~6席程度指定できる座席が残っているなどの違いがあります。)

座席が開放された後で試したけれど、結局座席指定できなかったという方でも、当日の空港カウンターで座席指定ができるので、座席指定ができなかったから、乗れないとか、飛行機で立ち乗り!ってことはないので安心してください(笑)


ということで、まずは座席開放前から。
JAL座席開放前
※前方、中央、後方をまとめて合成しています。

まず第一に、機体前方はファーストクラス&クラスJ席のため、元々普通席がなく、指定できる席はありません。そして、機体中央、機体後方は普通席のため座席指定可能席があればシートマップが表示されますが、すでに座席指定可能席が満席のため、シートマップが表示されていません。

ちなみに今回調べた便では、座席開放直前での予約状況として普通席は279席あり、全席売り切れで空席はありませんでした。





そしていよいよ座席開放後を見てみようと思います。
※ちなみに座席開放が5時なので、少し時間がたってからの状況です。

まず最初に前方から。
JAL座席開放後前方
想像通りですね。
機体前方はファーストクラス&クラスJ席のため、元々普通席がなく、指定できる席はないので、まぁそうなりますよね。




そして機体中央は?
JAL座席開放後中央
ということで、機体中央は座席指定可能席が開放された結果、中央の130席中、11席が座席指定可能席として開放されました。


そして最後に機体後方は?
JAL座席開放後方

機体後方は座席指定可能席が開放された結果、後方149席中、16席が座席指定可能席として開放されました。


ということで、今回の使用機材に関しての結果。

普通席の279席中、27席が座席指定可能席として開放されました。
大体1割の座席が直前までは選べない席として設定されているという事でしょうか?。ちなみに今回は座席開放後、多少時間が経っているので、ある程度は指定された後かもしれませんが、結構並びの席で空いているのがわかりますね。なので、家族で旅行といったときで、事前に座席指定はできなくても、並びで座れる可能性は結構あるみたいですね。


ちなみに、別の便でも試してみました。
画像は省略しますが、その機体では普通席342座席、座席開放直前での座席指定可能席の空きは2席程度。他は座席が開放されていませんでしたが、座席開放後は342座席中、84席が開放されました。なので、25%程度の席が座席指定できるようになった感じですかね?。

以上の結果。
搭乗便によって結構座席指定可能席数には、ばらつきがあるが、空席のない搭乗便であっても、1割程度の座席は事前座席指定ができず、直前の座席開放を待つしかない。

また、座席が指定できない場所は並びや固まりで設定されている箇所があるようなので、ある程度の人数でも、最終的に並びで座席が取れる可能性は残っているようです。







2016/02/07

2016年さっぽろ雪祭りに行ってきた結果、本当に必要だったもの。

ということで、開催初日の2/4に無事さっぽろ雪まつりを見てくることができました。
北海道新幹線プロジェクションマッピング


そこで、これから見に行く方への参考として(今年は暖冬で雪もあまり積もっていないので防寒についてはあまりあれかもしれませんが。)

まずさっぽろ雪まつりを見るにあたって、ホテルのチェックインまで時間があるけど、トランクやスーツケースを預けるためのコインロッカーがあるか不安だという方に。

私が行った初日の時点で、ネットを探しても公式な案内が見当たらなかったんですが、今年も例年と同様に、さっぽろ雪まつりの時期は臨時の手荷物預かり所が札幌駅北口に設置されていました。荷物1つあたり500円がかかりますが、周りのコインロッカーでスーツケースが入るサイズとなると600円とかなので、一時的に荷物を預ける分には安いのかなと思います。
臨時手荷物
預けれる時間は10時から18時までの当日のみとなります。

ちなみに臨時手荷物預かり所の運営は北海道キヨスク株式会社が行っているようです。

で、今年は雪が少ないこともあって、これが冬の北海道!?って思うぐらい道に雪がない!感じでしたが、歩道などで道に雪が残っている部分は凍っていたりするので、非常に滑りやすいです。なので靴裏がつるつるって感じであれば、コンビニなどで入手できる靴にひっかけるタイプの滑り止めはマストです。
ストッパ氷止め
→Amazonで滑り止めを探してみる!

ちなみに上記の滑り止めはコンビニで売っていたもので、雪道などでは滑らず快適ですが、雪のない場所(アーケード街や地下通路、店舗内など)では滑り止めの突起が食い込む場所がないので歩きにくいです(笑)
快適に歩きたいなら、それなりの製品を事前に購入して持っていくのもありかなと。


防寒対策について。
以前アップした記事に補足
【冬の北海道】2016年さっぽろ雪まつりの防寒対策【防寒】

モンベルのメリノウールの実際
会場ではまぁちょうどいい感じだーと思っていたんですが、帰りの機内も着ていたら、暑い暑い(笑)
→Amazonで「モンベル メリノウール」を探してみる!



ホッカイロについて。
今回、大量にホッカイロを持ち込みました。

背中に2枚とおなかに1枚、かじかんだ手用に1枚といった感じで使用しました。
そのなかでもマストで必要だなと思ったのは靴用のカイロです。
これがあると結構違いますね。

オンパックス靴用15個

ただこれは屋外にいるときで、北海道の室内は暑いです(笑)
ホッカイロを付けるときはダウンや、コート側に貼ったほうが温度調整がしやすいのかなと思います。

あと手袋は絶対に必要。

耳あて(イヤーウォーマー)も、雪まつり用にいるかなと思い購入したんですが、結局一日も使用しませんでした。
ただ風の強い日などはあればいいかもという程度です。

あと意外にマスクがあると温かいです。
ちょうど時期的に札幌でもインフルエンザや風邪が流行しているようなので、その予防と、防寒対策にマスクがあれば便利かもしれません。

会場の屋台について、一部の屋台ではWAONやSuicaが使用できますが、一部の会場のみのようです。
ほとんどは現金が必要ですね。

あとは基本席が混んでいるので、手に持って食べる感じの立ち食いが多くなると思います。そのため、両手は基本的にフリーになるように荷物は少なめに手ぶらぐらいで行動した方が楽です。

あと持っていけばよかったかなーと思ったのはウェットティシューとか?
やはり北海道という事もあってカニとかも屋台で売ってるんですが、それを食べるときに手で食べたほうが楽なんですが、ティッシュがあるところが少ないですね(笑)



さっぽろ雪まつりでの撮影レンズについて。

今回、撮影用にAPS-Cのデジタル一眼レフに24-105のレンズと、広角レンズを持ち込みましたが、広角レンズは使用しませんでした。広角レンズが本当に必要になる場面はほぼなかったです。
一つだけあるとすれば、auの三太郎の雪像が、24-105では距離を取れず斜めから撮影しないと全体を入れるのは不可能でしたが…。ただその程度です。逆に望遠側が欲しいかもといった感じです。

ちなみにコンデジも持っていきましたが、手袋をしたたま撮影するのは厳しい感じでしたね。それとやはり雪がひどくなると、ちょっと怖いです(故障とか)その点デジ一は問題なく撮影できました。

ちなみに今回、滞在中の札幌の最低気温は-6°でした。

デジタル一眼レフを肩からぶら下げて外を歩いて、そのまま室内とか結構あれなことをしたんですが、とりあえず今回はカメラの結露などは発生しませんでした。ただ場合によっては注意が必要かもしれません。
なので場合によっては外ではデジ一使って、室内ではコンデジといったように結露を防止する意味でも使い分けをした方がいいのかも?という感じです。


ちなみに大雪像のライトアップショーやプロジェクションマッピングについて。
・進撃の巨人のライトアップショーは初日についてはおおよそスケジュール通りに行われている感じでしたが、他の北海道新幹線のプロジェクションマッピングやマカオ広場のプロジェクションマッピングについては公式スケジュールだと30分毎の開催という形だったんですが、初日は頻繁に行われている様子でした。プロジェクションマッピングが終わってから5~10分程度でまた始まるというような感じでした。





会場外の北海道グルメについて

やっぱり有名なジンギスカン。
「だるま」ってお店がいろんな雑誌で一押しされてましたが、やっぱり雪まつりの影響かめっちゃ混んでます。
予約ができないという事もあり、直接店舗に行くしかないんですが、一見外には並んでないんで、すぐ入れるのかなーとおもって店内に入ると、20~30人近くの人が並んでました(笑)時間がない人はあきらめたほうがいいかもしれませんね(笑)


ちなみに新千歳空港についてから手荷物をピックアップして電車に乗るまでの時間は最短でも大体30~45分は見ておいた方がいいです。
なので新千歳空港AM8:00着の便だとしたら、実際に荷物を受け取って電車に乗れるのはAM8:30~8:45ぐらいで、札幌駅に着くのは快速エアポートで40分程度かかるので、大体AM9:30ぐらいになると思います。
ちなみに快速エアポートのUシート(指定席)についてですが、新千歳空港駅についてチケットを買う時点で、一番早く乗れる便の指定席は満席になっていました。その次発で若干の空きありという感じでしたが、タイミング的に直前に快速エアポートが発車してしまったというタイミングで有れば自由席で問題なく座れそうです。

しかしながら帰りの札幌→新千歳空港のUシートは先発、次発、次々ぐらいまで満席になっていたので、乗る電車が決まってるんであれば、事前に予約するか、自由席で座りたいというときは先発は逃して次発で乗るという形をとったほうが確実かなと思います。


これ案外重要じゃんと思ったこと!

旭川からの特急スーパーカムイで札幌着後にそのまま折り返し新千歳空港までの快速エアポートとして運行されている列車の場合、真っ先に乗り込む際に、座席が進行方向に向いてないときは座席を回転させましょう(笑)※乗った車両は回転式クロスシートでした。関西とかだと転換式クロスシートが多いので、背もたれを前後に動かすだけでいいんで楽なんですが、回転式は面倒ですね(笑)







最後に。
来年、さっぽろ雪まつりを見に行くという方へ。
服装や、手袋、耳あて(イヤーウォーマー)の準備は早めにしておきましょう!
今回準備にあまり時間が取れず、ものによっては現地調達をと考えていましたが、2月に入ると、北海道であっても冬物ってあんまり選べるようなものがないです。また北海道に行く前にと考えていても、1月の後半になると、耳あてなんてネットぐらいでしか売ってないです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。