2016/09/02

LINEの「LetterSealing」(鍵マーク)ブロックしても、表示されるか調べてみた。

この間から始まったLINEのLetterSealing機能?についてちょっと挙動を確認してみたので備忘録として。

※LINEの鍵マーク=ブロックではありません。
★この記事はLINEのLetterSealing(鍵マーク)は「相手からブロックされているのか?されていないのか?を確認する方法」として使えるのか?を確認したものです。



色々と試した結果、ブロックされてても、友達削除されてても、お互いのLetterSealingが有効なら鍵アイコンになるし、どちらかのLetterSealingが無効なら鍵アイコンはつかないという結果になりました。


一応どんなふうに確認したかというと、
端末Aと端末Bで別々のLINEアカウントを作り、お互いに友達にしました。(友達になるまえに端末Aのレターシーリングはオフ)
以下ややこしいのでA子、B子という感じで説明します。

A子(レターオフ状態):B子をブロック後、友達削除。
なのでA子側ではB子とのトーク画面とか履歴も一切ない状態です。

この状態でB子側でA子(レターオフ状態)とのトーク画面を見てみると、鍵アイコンはついていません。

B子からA子(レターオフ状態)に対して、この状態でトークを送ると、もちろん鍵アイコンは付いてません。

一方A子側はB子をブロックした上に友達削除をしているので、トークはもちろん、なにも表示されませんし、なにも起こりません。

次にA子のレターシーリング機能をオンにします。

この状態でB子の先ほどのトーク画面を見てみると、A子もレターシーリング機能をオンにしたにも関わらず、鍵アイコンはついてません。

しかし、B子からA子にトークを送ると、その瞬間、トーク画面に鍵アイコンが表示されました。

つまりA子がB子をブロックしようが、友達削除しようが、レターシーリング機能が有効ならトークを送れば鍵アイコンがつくし、有効でないならば鍵アイコンは付かないという事です。


一応、その後A子のレターシーリング機能をオフにしたら…。
B子の先ほどのトーク画面を見てみると、A子がレターシーリング機能をオフにしたにも関わらず、鍵アイコンはついたままです。
しかし、B子からA子にトークを送ると、その瞬間、トーク画面から鍵アイコンが消えました。


しかしながら、トーク画面を開いただけで、トークを送っていないのにもかかわらず鍵アイコンが表示されている相手と表示されていない相手がいるのはよくわからず…。

たぶんアプリを更新していないのか、放置されているアカウントになっているのか、相手がレターシーリングをオフっているのか、以上のどれかだと思います…。



コメント

非公開コメント