--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/04

マルチメディア用壁内配線。

実家にあるTVを壁掛けにするっていう話が以前出ていたので、

それならと、壁内にLANとコンポーネントと、音声通しといてって言ったまま

放置してたんですが、ようやくどんな状態になってるのかを見てきました( ^ω^ )


ちなみに工事するときに不明点があったらしく電話がかかってきて、色々と説明をしたんだけど、

担当者いわくちょっとケーブルの太さが通らないかもしれないです・・・

とか言われたので、なんとかなんないですかね?と・・・

すると分かりました・・。

という会話があったのでどういう状態なのか気になってた。

後日、ケーブルがありましたとか言ってきたので、どんなケーブル使うつもりだったのかなと。

一応こちらの指示というか考えとしては

--
1.コンポーネントケーブル(Y・Cb/Pb・Cr/Pr)
※テレビ側にコンポーネント入力が無いのでD端子-コンポーネント変換ケーブル経由でTV接続

2.音声用ケーブル(白・赤) 
(カナレ V5-3CFBケーブル(※一本のケーブルの中に3cの太さの同軸ケーブルが5本まとまってる。)などで1+2)

3.LANケーブル(Cat5e~)
--
と言う感じで考えてたんですが。。。


実際の施工を見てみると

コンポーネントはカナレのV3-3CFB
o0640048010944130852.jpg
※一本のケーブルの中に3Cの太さのケーブルが3本入ってる。

これは大丈夫。

で音声ケーブル。

S-5C-FBを2本。

・・・

最初見たときビックリした(;゜0゜)

まさか音声ケーブルに5Cを2本通すとは・・・


一か所の穴からカナレのV3-3Cと5Cx2とLANケーブル。
o0640048010944130851.jpg
良く通したなって・・・。


あと気になったのはTVのアンテナケーブルの末端?終端?処理。
特に自分からは何も指示出してないけど。
o0640048010944130850.jpg
編組線が出てる…

もっときれいに処理してほしいかな?

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。