--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/12/26

デジモノステーション購入!『0 SIM by So-net』 このSIM+αの組み合わせでずーっと無料で維持!?

12/29 開通&SIM装着記事をアップ!!ページ下部にリンクあります。

-------------
2016/1/26追記:
so-netから0SIMが正式サービスとしてリリースされました。
デジモノステーション付属SIMとほぼ同じ仕様みたいです。
http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/
-------------



今話題のデジモノステーションを購入してきました!!

デジモノsta_sim
デジモノステーション 2016年02月号

これがなぜ話題になってるのかというと…!
デジモノsta_sim
なんとなんと、500MB未満までデータ通信が無料のSIMカードがついているんです!!!。

それも毎月!!


詳しく説明すると、500MBを超えて2GBまでは100MB=100円で、2GB以上は5GBまで1600円の定額SIMなんですが、500MB未満であれば、ただで使えます!!!

で、5GBに達すると、通信速度が200kbpsまでに制限がされますが、「チャージ(100MB/500円~)」を使用することで再度高速通信ができるようです。

ちなみに回線はドコモのLTE回線使用とのことです。

ただそういっても、初期手数料がかかるんでしょ?と思った人もいると思いますがそれもタダ!

買わないと損でしょ!(笑)という事で買ってきました。

ちなみにデータ通信専用で、毎月の使用量はソネットのWebから確認とのこと。

あっちなみに3か月間一度も使用しなかった場合は自動解約になるので要注意(笑)


でここからが本題。
このSIMカードをずーっとタダで使い続けるためには毎月というか3か月間に一度は500MB未満の通信をしないといけないんですよね。なおかつ、500MBを超えると自動的に従量料金に入って月最大で1600円かかることになる。

もちろんそれでも安いので全然あれなんですが、このSIMをタダの範囲内で最大限利用したい!と思ったときに、なんとなんと、ちょうどこの前購入したモバイルルーターのMR04LNが使えるじゃないかと!!!。

前回記事「【便利!!】モバイルWiFiルーター「MR04LN」購入。」に書いたんですが、

NECプラットフォームズ SIMロックフリー LTE モバイルルーター Aterm MR04LN ( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN

この機種はデュアルSIM仕様(2枚のSIMカードが差せる)!!

さらにこの機種のマニュアルを見ると、わかるんですが、

本商品では、LTE/3G回線については、当月あるいは指定した日数でのデータ通信量の上限を設定したり、上限を超えた場合に警告表示するか通信を停止するかを選択できます。
本商品では、設定した上限値に達すると通信を停止するように設定することもできます。通信量を超えた場合、5秒以内に通信が停止されます。

はい。
この機能使えば最大限利用してずーっとタダで使える!!!!!!(笑)※いちおうあくまでデータ通信量の目安表示なので、499MBとかで設定すると、通信会社側の計測値だと500MB超えてるとかそういう可能性があるので、20%ぐらいの余裕を取って425MBで設定すればいい感じかなと。


※最後に付録の「ゼロSIM byソネット」はナノSIMになるので、MR04LNで使用する場合はSIMを交換(SIM切替手数料は3000円)するか、下駄(ナノSIM→マイクロSIM変換アダプター)をはかせることになります。
ちなみに、MR04LNは本体に「SIM変換アダプタは使用しないでください」と記載があるので、そこは自己責任で…。(笑)









--------------------
2015/12/29追記。
実際にゼロSIMを開通&MR04LNへ変換アダプターを使って使ってみました。
http://pbhue.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

コメント

非公開コメント

No title

ナノsimじゃないの

Re: No title

> ナノsimじゃないの

ご指摘ありがとうございます!
確かにマイクロSIM仕様だとMR04LNと同じになるので、SIMの交換や下駄をはかせる必要がないですよね…!!

該当部分を修正させていただきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。