2016/04/11

【GTD整理術】テプラ購入。

GTD(Getting Things Done)にも便利なテプラを購入しました。
テプラ

ということで最近はGTDも落ち着いてきましたね。

GTDってなに?というと簡単に言うと整理術なんですが、頭の中ではあれもこれもしなきゃって思っていてもぐちゃぐちゃになるっていうときに、それらを整理して見える化?ってかんじの整理術です。

断捨離とか、ミニマリストとかシンプルライフとかに興味がある人は読んでみるといいかもしれません。


全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

で、このGTDで有ったほうがいいとされるのがラベルライターなんです。
GTDではラベルライターを使用してファイルやバインダーの整理をすることを勧めているんですね。その理由の一つが、字が綺麗な人は良いとして、手書きの文字でラベルを書いたものを並べるよりも、ラベルライターを使用した綺麗に統一されたラベルって見てても気持ちがいいですよね?それはつまり整理するモチベーションを保つことにも有効なんですね。

ということでGTDにも使えるんですが、それ以外にやりたいことが、デジカメのバッテリーにSNを貼ってバッテリー管理(EOS7DとかだとSNで複数のバッテリー残量を管理できるんで…。)や、エネループや家電に貼って購入日を貼っておいて保証期限を確認したりとか劣化管理とか、同じSDカードの識別とか、電源ケーブルの識別とか使ってない家電の付属品にどれがどれのとかわからなくなるので、どれの物なのか貼っておくとか便利に使えます。

それ以外にもいろいろ使えるカートリッジが出てるので、人によっていろんな用途が考えられるのかなと。ちなみに、mtマスキングテープのカートリッジ、強粘着のカートリッジ、ケーブル表示、熱収縮チューブ、マグネットとかが出てます。

ちなみに今回購入したものは、どうせ買うならPCと接続出来るものが良いなーとか24mm印刷できるものが良いなーってことで選んだんですが、価格は1万ちょっとでAmazonベストセラーの倍の値段はするんですが、こういうものって頻繁に買い替えるわけでもないし、と思ってちょっといいモデルを奮発しました。(笑






で、今回購入したモデルは
キングジム ラベルライター テプラPRO SR550です。

ちなみに同梱されてるテープは
12mmの試用テープで長さは4mの白地に黒です。
テプラbox
Amazonでラベルライターを探す!

ちなみにラベルライターはいろんなメーカーから出てて、有名なのはテプラとかカシオのネームランドとかだと思うんですが、やはりテープカセットの入手のしやすさとか種類の豊富さからテプラ一択かなという感じで決めました。今回購入したSR550はテープ幅が24mmまで行けるんですが、そんなに対応幅があっても使わないというのであればAmazonでベストセラーになってるSR150↓も価格が手ごろでいいかもしれませんね。(SR150は18mm幅テープまで使用可能)

キングジム ラベルライター テプラPRO SR150 オフホワイト

Amazonでラベルライターを探す!








コメント

非公開コメント