--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/27

無線LAN AP「WLX202」購入しました。

以前から購入を予定していたYAMAHAの無線LANアクセスポイントの「WLX202」を購入しました。

WLX202 [無線LANアクセスポイント]

まだ発売されて時間があまり経ってないので評価とかあまり出てこないですが、YAMAHAだし大丈夫でしょと。
wlx202box.jpg


設定ガイドから設定方法を一部メモ書き。


WLX202のIPアドレスの初期値は192.168.100.240です。
→ 一旦設定用PCのIPを同じセグメントのIPアドレスに設定。
(192.168.100.xxx/255.255.255.0)

ブラウザからhttp://192.168.100.240/を開く。
ユーザ名はadmin、パスワードは空欄のままOKでWeb設定画面に入れる。

工場出荷時は無線設定がされていない。→設置環境に合わせて設定を行う。

wlx202_all.jpg


とりあえず設定開始。SSIDは各周波数帯で8個、全部で16個設定可能。
一応基本的にはメインになるSSIDとサブSSIDの2つで運用予定。
それ以外に今まで使ってたSSIDを登録だけしておいて、必要になった時だけ有効にして運用するスタイルでいこうかなと。
wlx202prf.jpg
↑接続端末一覧で接続端末の情報が出てくる!
MACアドレス、ベンダー、どのSSIDに接続しているか?、伝送速度、受信信号強度。
今まで使ってた機器だとここまでの情報は出てこなかったので便利かも!。

ここから追記。
YPS-12HTYPS-12Vの違い
p12v2ht.jpg
画像左がYPS-12HTで画像右がYPS-12Vです。
外見は同じで、表記が若干違う程度、(違いは「MODEL NO.:P12V2.0A-HT」か「MODEL NO.:P12V2.0A」の違いと、PART NO.の違いのみでほかは全く同じ表記です。)

たぶん動作環境条件温度が違うだけみたいな感じですかね?※YPS-12HTは0℃~50℃まで、YPS-12Vは記載が見つけられなかったですが、対応するNVR500などが~40℃までなので、その10℃の差に対応できるかどうかの違いでしょうか?

なので、WLX202にYPS-12Vをつなげても動作しました。(一応念のため自己責任でお願いします。)

ちなみに、ACアダプタ買うのもありですけど、PoE受電できるので、給電できるHubをかうのもありかなーと思ってました。

一応安いのであれば1万でありますし・・・。

NETGEAR アンマネージプラススイッチ ギガ8ポート PoE 4ポート管理機能付 無償永久保証 GS108PE-300AJS

純正のPoE給電アダプタだと1万5千円で6月発売予定みたいですけど。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。